2009年12月29日 (火)

12/29 ピザプレート

091229_21310001 念願のピザプレートを買いました。

といっても、普通のトレイです。

 

なぜ購入したかというと、ピザというやつは、だいたい他の料理を作り終わって、まな板を洗った後に焼き上がります。

 

そのため、ピザを切るためにせっかく洗った「まな板」をもう一度使わなくてはならず、

あまつさえ、そのピザを載せるためにもう一皿を必要とします。

 

にくいやつです。

 

そこで、このピザプレートを利用することにより、まな板を汚さず、なおかつ、そのままお皿としても利用できるという、画期的な発見をいたしました。

 

米国誌「Newton」に論文を発表しようかと思いましたが、自重しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

「お風呂カレー」のレシピ


材料:肉、野菜、水、カレールウ、バスタオル、着替え、バスタブ。
※事前の準備として、バスタブにお湯を入れておきましょう。
 
1.
まず、水を適当に鍋に入れ、火にかける。水を計る必要などない。足りなければあとで注ぎ足せばいいだけである。入れすぎて水っぽくなったら「今回はスープカレーだもんね」と自分に言い聞かせよう。
 
2.
肉と野菜を入れる。沸騰を待つ必要などない。今は沸騰していなくても、火にかけておけばいずれ沸騰するであろうことは、一定の科学の知識があれば容易に推測が可能である。ちなみに「最初に油で炒める」なんてことは、このレシピの真髄と相反する。
 
3.
細かくくだいたカレールウを入れる。やはり沸騰を待つ必要はない。この時点で、「ぬるま湯に肉と野菜とカレールウの塊が入っている」状態のはずだ。
 
4.
ここが最も重要で、火力をできる限り「弱火」にしておき、鍋に蓋をする。
 
5.
服を脱ぐ。冬は寒いから風邪をひかないように注意。
 
6.
お風呂に入る。え?カレー?火にかけたままです。火事?大丈夫だって。とにかく、のんびりとお風呂につかろう。のんびりすればするほど、じっくり煮込まれたカレーになる。ただし「弱火」にしておかないとふきこぼれる可能性があるので注意。
 
7.
バスタオルで体を拭き、服を着て、ドライヤーで髪をかわかす。女性の場合は化粧水やらで肌のうるおいを閉じ込めるのを忘れずに。
 
8.
鍋の蓋を開けると、カレー完成しているはずです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

1/4 昨日の夜ごはん

100103_21350001100103_21290001 「アラビアータ・ピッツァ」

ピザクラストに市販のアラビアータソース、カットトマト、サラミ、チーズを載せて焼きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジェノヴェーゼ・グラタン」

グラタンの上に、市販のジェノヴェーゼソース(バジルソース)を載せて焼きました。

なんか、お好み焼きみたいに見えますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/4 今日の夜ごはん「カルボナーラ」

奥様が仕事で遅くなるそうなので、じぶんの分。

「お手軽・カルボナーラ」

たまねぎとベーコンを切ります。

100104_20360001

油で炒めて、スパゲティを入れ、塩で味付け。

100104_20390001

牛乳、卵、とろけるチーズor粉チーズを混ぜ、

鍋に投入。パスタと和える。

100104_20440001

ブラックペッパーをかけてできあがり。

所要時間は10分くらいです。

本格的につくるなら、

牛乳ではなく生クリーム、

チーズはパルミジャーノ or ペコリーノ・ロマーノで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

1/14 今日のごはん カレーソースハンバーグ(チーズ入り)と リコッタのサラダ

今日から閑散期なので、早く帰宅できる。

今日の材料。

100114_20380001

※注 しゃもじは食べられません。

 

まず、ハンバーグを作る。

100114_20480001

中にイギリス産レッドチェダーチーズを入れて包む。

フライパンで焼いている間に、サラダを作成。こちらはリコッタチーズ。

100114_20570001

「とうふ」みたいな感じのチーズです。

↑楽天市場で924円で売っている。今回は成城石井で700円で買った。

サラダにこれを載せ、ドレッシングをかけて完成。

100114_21010001

ドレッシングは、味の素の「粗挽き黒胡椒 ガーリックペッパー 焦がし醤油仕立て」

そうこうしている間に、ハンバーグが焼けたので、おとといのカレー(え?)を投入。

100114_21080001

グツグツ煮込んで、完成。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

1/16 今日の夜ごはん トマトソース・カツ丼

100116_23220001

冷凍のトンカツを揚げている間に、トマトピューレにカットトマトと塩を入れたものをレンジで暖める。

さらにその間に、サラダを作成。

ごはんの上にカツを載せ、トマトソースをかける。ガーリック、ブラックペッパー、バジル、すりおろしたパルミジャーノを載せて完成。所要時間は7分。

トマトピューレはコレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

1/17 今日の夜ゴハン ペペロンチーノとステーキ

100117_21540001

ペペロンチーノは、今回初めて、生にんにくを使用。

いつもはビン入りのヤツを使っている。

ステーキには、マスタードソース(マスタード・マヨネーズ・牛乳を混ぜたもの)をかけました。

赤いのはパプリカのソテーで、下の写真はパプリカのパッケージ。

おかしすぎる。

100117_21550001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

1/18 今日の夜ごはん カツのトマトソース煮込みとチーズ風味オニオンスープ

100118_20470001

今日はお嫁様が作った料理。

「え?おととい、トマトソースカツ丼じゃなかったっけ?」などとツッコんではいけない。

 

チーズ風味オニオンスープは超おいしいのでオススメ。

スーパーで売っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

1/21 今日の夜ごはん

  今日は贅沢な夕食。材料は成城石井で購入。

100121_20370001

スペインのイベリコ豚の生ハム24ヶ月熟成。100gで1400円の高級品です。

惣菜で売っていた「タコとイカのマリネ」と、一緒で前菜に。

100121_21060001

次に、ピザ。リコッタやレッドチェダーなど、4種類のチーズを載せる。焼く前がこちら。

100121_20460001

焼いたのがこちら。塩コショウなど全く使わなくても、トマトピューレとチーズだけで十分。

100121_21090001

さらに、ガーリックバターを使ったパスタ。

100121_21230001

最後に、ラム酒の入ったデザートクリームチーズ、「トルコ・ラム」

100121_20360003

100121_21380001

<ネットで購入できるもの>

レアル・スペイン・ハモン・イベリコ協会!ハモン・セラーノスライス(生ハム)【大容量:250g】...

トルコ ラム 125g

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

1/24 鶏処 こっけいや

お嫁様が「王将」に行きたいというので、昨日、西宮北口の王将に行こうとした。

けれど満席だったので、となりにあった「鶏処 こっけいや」という店へ。

鶏のメニューが満載。

全体的に辛かったけれど、メニューにハズレがなく、美味しかった。

ぐるなび「鶏処 こっけいや」  http://r.gnavi.co.jp/ka55400/

| | コメント (0) | トラックバック (0)