« 2011.5.6 異説 桃太郎 その5 | トップページ

2011年5月 8日 (日)

2011.5.8 ブログ移転

※2011年12月24日改稿。

勢い余って、ブログを移転することにした。

ここで、これまでを振り返っておくことにする。

 

最初にインターネットに文章を書き始めたのは、大学生のとき、2005年のことだ。

当時はブログが全盛期だったが、無料ホームページでHTMLで手書きでタグを打っていた。ホームページビルダーとかも使わず、マジで手書きだ。

その理由はいくつかあるが、単に時系列に(しかも上下が逆に!)表示されるというのが気に食わなかった。

ひとつのテーマについて書き続けるというのは考えられなかったので、それぞれにページを作ってカテゴライズをしたかったのだ。

このころは実際のところ、文章を書くよりもホームページそのものを作るほうが楽しかった。

 

その後、就職をした。

とても働いていたので、インターネットに接続できなかった。プロバイダと事前に約束した日に在宅できない、ということが数回続き、半年かけても接続できなかったのであきらめたのだ。

 

のちに転職をして、時間があるのでブログを始めた。

それがこのessereである。

essereで目指したのは「どこに話題の中心があるのか不明で、一貫性がないブログ」だ。

なぜココログを選んだかというと、ブログを製本できるサービスがあったからだ。

当初、半年で1冊にしようと思っていたのだが、書きすぎて1冊8000円くらいの見積もりが来たので、やめた。

 

そんな中、昨年の秋にauから発売されたスマートフォン「IS03」について、間違って「ISO03」と表記したところ、僕と同様に「ISO03」と間違って検索した方々からのアクセスが殺到した。

なんと、googleで「ISO03」と検索するとこのブログが1位に出てくるのだ。

それ以降、かなり検索エンジンからのアクセスが増えてきた。

例えば、「堀江 原発」でも一位で表示される(本日現在)。

 

一方、津田大介氏の『Twittter社会論』を読んだことがきっかけで、Twitterをはじめた。

その後、スマートフォンを購入した際にアプリがあったので、mixiとFacebookもはじめた。

さらに、電子書籍を自分で作ってみたりもした。 

 

こうなると、ブログの意義も変わってくる。

ブログessereでは、僕を主体として発信がされていたが、それはTwitter、mixi、Facebookで可能になった。

もちろん文字数の制限があるのだが、長文であれば、電子書籍を作ればいいだけの話だ。

問題は日記だが、これはmixiの日記で書くことにする。

まぁ、今までもあまり日記っぽいことは書いていないし、これからもあまり書かないだろう。

 

一方、ブログの特徴は、アクセス・フリーであることだ。

そして、コメントが書き込めるなど、「場」としての機能を持っている。

 

そこで、数あるブログの中でもユーザーの交流性が高い「はてな」で、新しいブログを作ることにした。

|

« 2011.5.6 異説 桃太郎 その5 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/39910470

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.5.8 ブログ移転:

« 2011.5.6 異説 桃太郎 その5 | トップページ