« オリジナル電子書籍 『天地創造』 | トップページ | 2011.5.1 ソーシャルメディアという「井戸端会議」 »

2011年5月 1日 (日)

2011.5.1 ソーシャルネットワークという「村社会」

SSK氏と会った。

まず、昼食にスペイン料理のValeへ。

http://www.vida-corp.com/v_index.html

西宮北口周辺では一押しである。 

 

昼食後、SSK氏が仕事の関係もあってショッピングモールに興味があるというので、西宮ガーデンズを案内。

SSK氏は、「百貨店ベースのショッピングモールは珍しい」と言っていた。

確かにそうかも。

西宮ガーデンズの空中庭園で話をした。

トピックのうちのひとつが、Twitter、Facebookなどのサービスについてだ。

これらのサービスは、「ネットワーク」という側面と「メディア」という側面がある。

まずは、「ネットワーク」のことを書く。

 

例えば、twitterをはじめたものの、何をやったらいいか分からないという人がいる。

また、mixiを始めたけど、mixi内の人間関係が面倒でやめる人もいる。

Facebookにいたっては、日本人には分かりにくいつくりだし、実名というのも馴染まない。

おそらく、それぞれ利用しているのは日本の20代で人口の20~30%程度、Facebookでは10%以下ではないか、という感じだ。

そういった状況で、果たしてソーシャルネットワークが世界を変えるだろうか、という疑問について話をした。

 

個人的には、変えると考えている。

ただし、一気に広まるという形ではなく、世代交代によってゆっくりと変わっていくと思う。

例えば、今でも、パソコンを触ったことがなくキーボードで文字入力ができない世代(僕が「世代」という場合、「そういう人が多い世代」という意味)というのはいる。

とはいえ、パソコンは社会を変えたし、現在ではパソコンが使えない人は明らかにマイノリティである。

ただ、パソコンの普及開始を1980年とすれば、こういう状況に至るまでに30年程度かかっている。パソコンが苦手な世代を今の70歳以上だとすると、当時は40歳だ。

 

これと同様に、今から30年後には、パソコンと同じ程度にインフラとしてソーシャルネットワークが普及していると考えることは、ごく自然である。

ソーシャルネットワークのメインの利用層が今の40歳以下だとすると、30年後には70歳になっているので、仮に利用率が80%程度だとしても、人口の半分以上である。

そのとき使っているのがTwitterか、Facebookか、それとも別の何か、かというのは、使っているパソコンがウィンドウズか、MACか、リナックスか、といった程度の些細な問題でしかない。

つまり、それらを合わせた「ソーシャルネットワーカー」が過半数になった時点で、「非ソーシャルネットワーカー」はマイノリティとなる。

 

ソーシャルネットワークで起こる事態の一つが、「ご近所付き合い」だ。

「村社会」と言っても良い。

「誰がどうした」とか、「あいつがこう言っていた」なんてことが、一瞬で広まる。

ソーシャルネットワークでは、伝えたい人だけに伝えるというわけにはいかない。

これは非常に面倒な事態だ。

「人から嫌われたくない」という人には向かないと思う。

一方で、キリスト教でいう「愛すべき隣人」は、ソーシャルネットワークによって距離を超越したことになる。

「身近な人」という概念が、変わっていくだろう。

 

旧来の「村社会」は、必然的に「村」を中心として構成される。

一方、場所という概念がほとんど無関係なソーシャルネットワークで形成されるコミュニティの中心は、2種類ある。

1つは、Twitterのフォロワー、Facebookのフレンド、mixiのマイミクなどのように、「人を中心としたコミュニティ」である。この場合、その人にとっては「自分がそのコミュニティの中心」だが、それと同時に「自分は無限にあるコミュニティの中心の1つ」でしかない。

もう一つは、Facebookのファンページ、mixiのコミュニティなどのように「トピックを中心としたコミュニティ」だ。これは、2ちゃんねる掲示板も含まれるだろう。

つまり、「自分」を確立しつつ、「興味あるトピックを持っている」ことが、ソーシャルネットワークのユーザーには不可欠であると言っても良い。

 

今、いろんなところで、「コミュニティ」という言葉を聞く。

特に「無縁社会」という言葉が広まっているが、これに対するもっともな批判として、以下のようなものがある。

「無縁社会を作ったのは、高度成長期を担った団塊以上の世代だ。彼らが、経済を優先してコミュニティを崩壊させた張本人である。それが、自分たちが年をとったとたん、無縁社会を嘆くなど、どうかしている」

実際のところ、今のソーシャルネットワークのユーザーは、この「無縁社会を作った人たち」のようにはなりたくない、そう思っているのだ、きっと。

 

 

 

 

 

|

« オリジナル電子書籍 『天地創造』 | トップページ | 2011.5.1 ソーシャルメディアという「井戸端会議」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/39825121

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.5.1 ソーシャルネットワークという「村社会」:

« オリジナル電子書籍 『天地創造』 | トップページ | 2011.5.1 ソーシャルメディアという「井戸端会議」 »