« Bookレビュー2011-18 白石昌則『おかえり。5年ぶりの生協の白石さん』 | トップページ | 2011.4.4 発電の種類について考える(発電 その1) »

2011年4月 3日 (日)

2011.4.3 肩こりに悩むあなたに薦める最強のマッサージマシン

僕はとんでもなく肩こり持ちである。

理由はいくつか思い当たる。

まず、高校生のときに、友人に気絶させられて床に倒れ、頭をぶつけて首を痛めたことがある。この際、首にギブスを2週間つけろと言われていたのだが、3日でとってしまった。これが悪かったかもしれない。

第2に、大学生のときに、マーチングバンドでドラムを肩に担いでいた。そのころ、肩が痛いなぁ、と感じることが多かった。このころ、初めて病院に行ったところ、若いのにジイサンみたいな肩やなあ、とジイサンの先生に言われた。確か3回ほど通った記憶がある。

第3に、大学を卒業して就職した会社で、いろいろ体にダメージを負った。例えば、39度出ても働き続けたところ、ずっと咳が止まらなくなった。これは病院に行っても原因不明と言われるのであきらめている。

で、咳以外にも、肩凝りが酷くなりすぎて、痛くて夜に目が覚めるまでになったことがあり、また病院に行った。しかしここは次回から予約して来いといわれたので、もう行けなかった。次にいつ休めるかなんて分からない仕事だったのだ。

最近も何度かマッサージに行っているが、とにかく凝りすぎていて驚かれる。

そんな中、電気量販店で、素晴らしいマッサージ器を発見した。

「これだ」←ベストハウス1・2・3風にお読みください。

ハッキリ言って、高い。

しかし、効果は抜群だ。

他に5000円くらいのマッサージ器も売ってたのだが、話にならない。

売り文句にも書いてあったが、「奥まで凝っている人」向けだ。僕も、マッサージ師さんから「奥まで凝っていますねー」と言われたことがある。

で、何が違うかと言うと、普通のマッサージ器は振動を当てるだけなのだが、このマッサージ器は、肩を2つの稼動部ではさみこむのだ。

そして、モミモミしつつ、尖った部分で肩を「ゴス!」「ドス!」とかやるのである。

ハッキリ言って、痛い。

しかしながら、その効果は絶大で、刺激が肩を貫通した感じというか、これまで止まっていた何かが動き出した感じだ。

こういうときは書かないといけないのかもしれないので、一応、書いておこう。

「あくまで本人の感想です」。

|

« Bookレビュー2011-18 白石昌則『おかえり。5年ぶりの生協の白石さん』 | トップページ | 2011.4.4 発電の種類について考える(発電 その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/39474488

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.4.3 肩こりに悩むあなたに薦める最強のマッサージマシン:

« Bookレビュー2011-18 白石昌則『おかえり。5年ぶりの生協の白石さん』 | トップページ | 2011.4.4 発電の種類について考える(発電 その1) »