« 2011.3.15 これまで通り、原子力発電を利用する勇気 | トップページ | 2011.3.18 椎名慶治 「声」 »

2011年3月17日 (木)

2011.3.17 震災による新卒採用への影響について

今回の関東方面の震災が、新卒採用にどう影響するか、考えてみたい。

ここでは、客観的に考えていくので、就活生の役に立つかどうかは考慮しない。

もしあなたが就活生で、役立つ記事を探しているならば、これを読むと良いと思う。

 

【ダイヤモンド・オンライン 石渡嶺司氏の連載記事】

http://diamond.jp/articles/-/11495

 

さて、まず、確定的なことから書くと、東京本社の企業は、本社で採用活動を行える状況にない。これは、交通や電力供給などがあまりにも不安定すぎるからだ。

ただし、採用拠点を他の地域に移して採用活動が行われる可能性について、とある方から指摘いただいた。これはあり得ると思う。

また、被災エリア外の企業、とくに中部以西ならば、採用活動自体に大きな影響はない。

とはいえ、東京に本社を構える大企業のおこぼれに預かるのが、地方企業や中小企業のこれまでの採用スタイルだ。大企業の採用が停止している中、そういった企業が先に内定を出すことができるのか、また、内定を出したところでどれだけが実際に入社するのかが非常に不透明だと思う。

 

また、今回の震災による損失の影響で、採用戦略自体が見直される可能性もある。

直接、震災のダメージを被った企業はもちろんだが、ほとんどの企業にとって、経済的な展望は暗い。

そのため、採用数が大幅に減少する可能性が高い。

(もっとも、予定通りに内定を出しておいて、あとで内定切りで調整するよりはマシだ)

よって、採用数を練り直すところから始めるならば、夏休み、またはいわゆる秋採用の時期が、メインの採用活動時期になる可能性もある。

つまり、学生にとってはかなり長期化することで、精神的・金銭的な負担が大きくなり、卒論などにも影響するだろう。

 

さらに、採用数が絞り込まれるということは、就職率の低下を意味する。

リーマンショック以降、就職率が低下しつづけ、60%程度の水準だった。

2010年3月に卒業した55万人の大学生のうち、約8万人が就職も進学もしていない。

2011年、つまりこの3月に卒業する学生も同程度、もしくはより悪い状況だと思われる。

しかも、ここに現れていない数字として、景気回復による採用拡大や再チャレンジの成功を期待して、就職留年したり大学院に進学した人、卒業後も就職活動を続けている人が大勢いる。

さらに、政府の卒業後3年を新卒扱いとする動きがあり、すでに3年以内を新卒扱いとすることを表明した企業も多数ある。

以上のような状況から、本来は50万人程度のはずの新卒(扱い)就活生が、70~80万人程度まで膨れ上がっている可能性がある。

一方、企業に採用される人数は、2010年度で33万人程度だった。

これが、今回の震災でどれくらい減少するかは不透明だが、仮に28万人とすると、純粋な卒業数ベースでも就職率は50%を割り込む可能性がある(留年などで卒業生が増えているため)。

また、長期的な展望としては、原子力発電の輸出や、国内稼動がほとんど絶望的な状況にある。

もし、全国的に原子力発電を操業停止にするようなことになれば、省エネルギーを余儀なくされるため、経済活動は停滞する。

また、発電源を天然資源にシフトすることで、資源価格の高騰や、電力コストの高騰を招く(これは日本だけに限らないが)。

以上のように、長期的な雇用の展望は極めて厳しい。

 

よって、僕が今の就活生に提言するとすれば、下記の2つだ。

 

【1.ひたすら応募し、内定が出たところで働く】

就職留年や、3年間のチャレンジなど考えている場合ではない。状況はどんどん悪化していく。

 

【2.海外の新興国で働く】

例えばブラジルなどだ。幸い、新興国は物価が安いので、日本円をある程度持って行けば、暮らしには困らないと思う。

 

ちなみに、起業するという手もなくはないが、積極的な起業ならともかく、ひたすら応募してどこからも内定がもらえなかった人が、最後の手段として起業しても、上手くいく可能性は極めて低い。

 

|

« 2011.3.15 これまで通り、原子力発電を利用する勇気 | トップページ | 2011.3.18 椎名慶治 「声」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/39268675

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.3.17 震災による新卒採用への影響について:

« 2011.3.15 これまで通り、原子力発電を利用する勇気 | トップページ | 2011.3.18 椎名慶治 「声」 »