« Bookレビュー2011-8 常見陽平『脱アコガレ!これが真実のマスコミ就活だ!!』 | トップページ | 2011.2.11 採用されるアルバイト応募 その1 応募編 »

2011年2月11日 (金)

2011.2.11 再び常見陽平氏にブログを取り上げていただいた

常見陽平さんに、またブログで取り上げていただいた。

 

【試みの水平線-『これが真実のマスコミ就活だ!』のレビューが】

http://blog.livedoor.jp/yoheitsunemi/archives/51329388.html

 

取り上げられた記事はこれだ。

【Bookレビュー2011-7 常見陽平『脱アコガレ!これが真実のマスコミ就活だ!!』】

http://essere.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/book2011-7-3ce7.html

 

常見さんのTwitterのフォロワーが7500人くらいいるため、アクセスが急に増えたので気付いた。

ある程度、論理的に段階を踏んだ文章にしておいてよかった。それでも飛躍があるから、読んだ人は意味わかんなかったかもしれない。

「Q:私は出版社で働いているのですが、文章で表現されない小説って、例えばどんなもののことを言っているのですか?」

と質問コメントが来たら、

「A:それを考えるのが、あなたの仕事ではないですか?」

と答えようか、と思っています(つまり、訊くな、ということ)。

 

ちなみに明日、常見さんは一色清氏、田原総一郎氏、城繁幸氏(『若者はなぜ3年で辞めるのか』著者)と一緒に、Ustream番組に出演されるらしい。

「報道ステーション」の印象のせいで、一色さんってあまり好きではないのだけど。

|

« Bookレビュー2011-8 常見陽平『脱アコガレ!これが真実のマスコミ就活だ!!』 | トップページ | 2011.2.11 採用されるアルバイト応募 その1 応募編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/38819194

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.2.11 再び常見陽平氏にブログを取り上げていただいた:

« Bookレビュー2011-8 常見陽平『脱アコガレ!これが真実のマスコミ就活だ!!』 | トップページ | 2011.2.11 採用されるアルバイト応募 その1 応募編 »