« 11/11 反日感情の裏側  | トップページ | BookレビューVol54 マイケル・サンデル「これからの「正義」の話をしよう」 »

2010年11月11日 (木)

MagazineレビューVol.7 東洋経済 2010.11.13 「就職 新氷河期」

今回の特集で注目した点は2つ。

第1に、採用計画の新卒者を確保できなかった企業が、40%もいるという点である。

一体、どういうことなのか。氷河期だから、応募者なんていくらでもいるのではないか。

このカラクリについては、常見陽平さんの著書などが詳しいけれど、企業が内定を出す学生が厳選され、結果として集中しているのだ。

このため、内定を出しても、他の企業から内定をもらっていて、そちらへ流れていくケースが多いらしい。それで多くの企業が予定の新入社員を確保できていないのだ。

また、予定数に達しなくても、欲しい学生でなければ内定を出さないから、採用予定数に満たないという理由もある。

不景気で求人数が減っている、というのは、一側面でしかない。

 

第2は、全ての大学生を100人とした場合、就職する(できる)のは53人に過ぎない、という事実だ。

まず、12人が中退らしい。これは、かなり大きな問題だと思う。中退については、AO入試など、学力試験以外の方法で入学した場合、周囲についていけない、という問題もあるらしい。中退理由のトップは、学習意欲の喪失だ。

無事に卒業するのは88人だが、このうち新卒として就職するのは60%、53人である。残りの35人は進学、留学もあれば、留年、就職浪人などの場合もある。

さらに、就職した人の3割は3年以内に離職するのだから、3年後も同じ企業で働いている人は、大学生100人のうち37人、という計算になる。

|

« 11/11 反日感情の裏側  | トップページ | BookレビューVol54 マイケル・サンデル「これからの「正義」の話をしよう」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/37627470

この記事へのトラックバック一覧です: MagazineレビューVol.7 東洋経済 2010.11.13 「就職 新氷河期」:

« 11/11 反日感情の裏側  | トップページ | BookレビューVol54 マイケル・サンデル「これからの「正義」の話をしよう」 »