« BookレビューVol49 石渡嶺司「就活のしきたり」 | トップページ | BookレビューVol51 佐藤孝治「〈就活〉廃止論」 »

2010年10月27日 (水)

BookレビューVol50 テレンス・T・ゴードン「マクルーハン」

マクルーハン

マクルーハン

価格:1,050円(税込、送料別)

「メディアはメッセージである」「メディアはマッサージである」と言った言葉を残した(らしい)、マーシャル・マクルーハンについての入門書。

イラストと本文が融合した独特の本。ぜひ、書店でページを開いていただきたい。

 

マクルーハンはメディアを「身体の拡張」と捉える。つまり、身体を介して直接行っていたことが、身体を介さなくても行えるようにしたもの、それらをメディアと捉えるのである。

例えば、思考は脳で行うから、身体から離れられない。

しかし、会話は「言語」というメディアを介して、「身体から離れることが可能になった思考」である、といったところが、マクルーハンのメディア論の原点にあるらしい。

|

« BookレビューVol49 石渡嶺司「就活のしきたり」 | トップページ | BookレビューVol51 佐藤孝治「〈就活〉廃止論」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/37416255

この記事へのトラックバック一覧です: BookレビューVol50 テレンス・T・ゴードン「マクルーハン」:

« BookレビューVol49 石渡嶺司「就活のしきたり」 | トップページ | BookレビューVol51 佐藤孝治「〈就活〉廃止論」 »