« MagazineレビューVol.3 日経ビジネスAssocie2010.10.19 「あなたを守る法律講座」 | トップページ | 10/11 あの名曲を冷静に斬る『壊れかけのRadio』編 »

2010年10月11日 (月)

BookレビューVol47 岡田絵里香 「ロンリーバタフライ」

ロンリーバタフライ

ロンリーバタフライ

価格:1,365円(税込、送料別)

元々、著者の半生を映画にするセルフプロジェクトがあって、その前段階としての自伝小説らしい。

フィクションとして読むなら、読みやすく、展開も面白い。平易な文体かつ表現力豊かで、『インストール』『蹴りたい背中』の、「綿矢りさ」みたいな感じ。

ただ、事実に基づいているから、小説としてちょっと不自然な展開もある。主人公が中学、高校と進学するにつれて、行動範囲が広がるせいで、場面があちこちに飛んでしまう。

まぁ、事実のほうが、小説よりよっぽど複雑だ、ということ。

内容は、『明るい人間失格』というと近いかもしれない。

もしくは『実話版・嫌われ松子の一生』みたいな感じだろうか。(読んだことないけど)

実はこの本は、難波でホームレスやヤクザの仲間入りをした高校生の場面で終わってしまう。下巻に続くらしい。

おそらく、下巻は東京に進出して映画やドラマに出演する女優になるまでのストーリーになるのだと思うけれど、下巻が発行されるかどうかは、上巻の売れ行きにかかっているらしい。

|

« MagazineレビューVol.3 日経ビジネスAssocie2010.10.19 「あなたを守る法律講座」 | トップページ | 10/11 あの名曲を冷静に斬る『壊れかけのRadio』編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/37175366

この記事へのトラックバック一覧です: BookレビューVol47 岡田絵里香 「ロンリーバタフライ」:

« MagazineレビューVol.3 日経ビジネスAssocie2010.10.19 「あなたを守る法律講座」 | トップページ | 10/11 あの名曲を冷静に斬る『壊れかけのRadio』編 »