« 10/11 あの名曲を冷静に斬る『壊れかけのRadio』編 | トップページ | 10/14 電子メディアによる過酷な加速に切断されるな »

2010年10月12日 (火)

10/12 斬ったと思ったらそれは幻で、その隙に背後から斬られたでござるの巻

前回の記事

「10/11 あの名曲を冷静に斬る『壊れかけのRadio』編」

http://essere.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/1011.html#comments

について、「みるく」さんから、コメントをいただいた。

初めまして、と書いているから、知らない人だと思う。

-----以下、コメント-----

初めまして
この歌詞は、→思春期に少年から大人に変わる♪
では無く、→(思春期に)少年から大人に変わる道を、探していた♪(汚れもないままに)
と捉えるのですよ(^_^)
徳永さんがデビュー前(上京前)の、兵庫、伊丹時代に作られた楽曲だそうです
失礼しました。

-----------------------------

だそうである。

なるほど、納得。

それにしても、こんなしょーもない記事に真面目にコメントするなんて、なんていい人だ、僕も心を入れ替えよう、とか思ったりしてませんよ。

|

« 10/11 あの名曲を冷静に斬る『壊れかけのRadio』編 | トップページ | 10/14 電子メディアによる過酷な加速に切断されるな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/37203754

この記事へのトラックバック一覧です: 10/12 斬ったと思ったらそれは幻で、その隙に背後から斬られたでござるの巻:

« 10/11 あの名曲を冷静に斬る『壊れかけのRadio』編 | トップページ | 10/14 電子メディアによる過酷な加速に切断されるな »