« 9/4 SURFACE 解散ライブDVD『Last attraction』発売日決定 & 椎名慶治ソロCD『I』発売決定 | トップページ | 9/12 SURFACE Final Live DVD 「Last Attraction」をネットショップが受付開始 »

2010年9月 5日 (日)

9/5 「ビッグクランチ」か「ビッグリップ」か

この秋から登場する、マクドナルドの2大新メニュー。

…ではない。

宇宙の話である。

9/4放送の「サイエンスZERO」が宇宙特集だったのだ。

参照:http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp317.html

 

宇宙は「ビッグバン」で始まったことになっていて、爆発した後、勢いでドーンと広がっていった。

どうやら、今でも広がっているらしい。

ところが、物質と物質(例えば星と星)は引き合う。引力が働くからだ。

すると、ドーンと広がる勢いが強いうちは良いが、広がるにつれて勢いが弱くなってくると、引力のほうが強くなる。

そして、今度は宇宙が収縮に向う。宇宙がどんどん小さくなる。

最後には、無限の小ささの点になる。

これを、「ビッグクランチ(Big Crunch)」というらしい。

Youtubeに説明の動画(英語)があったので載せておこう。

http://www.youtube.com/watch?v=0lyqoWgB5kg

 

ちなみに、収縮しきった後に、またビッグバンが起こって宇宙が繰り返すという説も、Youtubeで発見した。

http://www.youtube.com/watch?v=H1q0fNVcb6I&feature=related

この動画の注目すべき点は、動画の図がマクドナルドのマークにそっくりなことだ。そう、マクドナルドのマークは、実はこの繰り返す宇宙を象徴しており、マクドナルドの真の目的は、飲食業界の支配だけでなく、宇宙支配なのである。「ビッグマック」とは、「ビッグバン」「ビッグクランチ」を繰り返し起こさせるマクドナルドによるプロジェクトのコードネームなのだ!(ウソです)

 

えっと、ビッグクランチの話でした。

一方、宇宙には暗黒エネルギーというのがあるらしい(SFの話ではない)。これは、引力とは逆の力で、物質を遠ざける力(斥力)を持っている。暗黒エネルギーの性質によっては、宇宙は無限に加速して膨張するらしい。

この場合、極限まで膨張した宇宙では、暗黒エネルギーが物質の結合を切り離し、あらゆる物質が素粒子(原子よりもっと小さい単位)レベルまで分解されるという。

この場合は、だだっぴろい宇宙にチリみたいなのが広がっている、というのが宇宙の終わりだ。

これを、「ビッグリップ(Big Rip)」というらしい。

これもYoutubeに説明の動画(英語)がある。

http://www.youtube.com/watch?v=cAJmm4wN7vY&feature=related

 

 

 

|

« 9/4 SURFACE 解散ライブDVD『Last attraction』発売日決定 & 椎名慶治ソロCD『I』発売決定 | トップページ | 9/12 SURFACE Final Live DVD 「Last Attraction」をネットショップが受付開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/36556927

この記事へのトラックバック一覧です: 9/5 「ビッグクランチ」か「ビッグリップ」か:

« 9/4 SURFACE 解散ライブDVD『Last attraction』発売日決定 & 椎名慶治ソロCD『I』発売決定 | トップページ | 9/12 SURFACE Final Live DVD 「Last Attraction」をネットショップが受付開始 »