« ComicレビューVol.1 浅野いにお 「世界の終わりと夜明け前」 | トップページ | BookレビューVol39 ダン・アリエリー「予想どおりに不合理」 »

2010年8月31日 (火)

ComicレビューVol.2 Boichi 「Hotel」

HOTEL

HOTEL

価格:890円(税込、送料別)

衝撃、と言っても良いと思う、SFマンガ短編集。

 

『HOTEL -SINCE A.D.2079-』

化石燃料の消費で起こった気温上昇により海から発生するメタンガスが、さらに温暖化を引き起こすという最悪の循環状態にある近未来を舞台にした作品。270℃の気温の到来を迎える人類は、地球が冷却されるまで遺伝子情報を保存する「塔」の建設を始めるが…。

 

『全てはマグロのためだった』

マグロが温暖化で絶滅した未来。少年時代に食べたマグロの味が忘れられない主人公は、マグロを追い求める研究を続け、その中で生まれた新生物が、人類を救った。しかし、あくまでもマグロを求める主人公は研究を続け、その舞台はとうとう宇宙へ…。

その他、病気による昏睡から目覚めた妻と夫の物語『PRESENT』や、宗教的なテーマを含む『Stephanos』などを含む、個性ある作品集。

 

|

« ComicレビューVol.1 浅野いにお 「世界の終わりと夜明け前」 | トップページ | BookレビューVol39 ダン・アリエリー「予想どおりに不合理」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/36472025

この記事へのトラックバック一覧です: ComicレビューVol.2 Boichi 「Hotel」:

« ComicレビューVol.1 浅野いにお 「世界の終わりと夜明け前」 | トップページ | BookレビューVol39 ダン・アリエリー「予想どおりに不合理」 »