« オリジナル作品 Vol.3  『墜落 - Falling down - 』 | トップページ | 8/23 Takahiro Ueno »

2010年8月21日 (土)

8/21 僕の作品が電子書籍になった?

iPadで電子書籍がどーのこーの言っているけれど、ほとんどは単なる「PDFの閲覧」である。

それだったら、と、このブログに掲載した作品をwordからPDFに変換した。これをiPadに入れたところ、電子書籍になった。

具体的には、作品のPDFファイルを一度PCに保存し、iTunesと「i文庫HD」などのPDF閲覧アプリを使ってiPad内にファイルを移せば、他の電子書籍と同様に読める。iPhoneでもできるかもしれない。(ブラウザ上で開いただけでは電子書籍「的」に読めないので注意)

あとは、表紙をイラストが得意な人に作り直してもらって、これに値段をつけて売りさえすれば、僕も作家デビューになる。

本当に、出版社なんていらなくなった。

 

…なんていうことは全然なく、本当の電子書籍とは、文章が、音声や効果音、BGM、イラスト、動画と複合した、「新しいエンターテインメント」でなければならない。

これを作ることができれば、システム会社だろうが、印刷会社だろうが、出版社、ゲーム会社だろうが、立派な「電子出版社」と言えるだろう。

ちなみに、iPadで既に配信されている絵本アプリ「Toy Story」は、これを全てクリアしている。 朗読する音声が流れ、BGMや効果音はもちろん、途中にアニメーションが入る。さらに、ちょっとしたゲームや、塗り絵もできる、という代物。

このようなものがすでにリリースされているにも関らず、「やっぱり本は紙じゃないとね」なんて言っている人は、電子書籍を根本から勘違いしているといってよい。

単なるPDFに収まるようなものなら、紙に印刷しようが、データのままディスプレイで読もうが、好きにすれば良いのだ。(ブログに掲載した僕の作品も、単純に紙に印刷したほうが、はるかにコンパクトだし、軽い)

|

« オリジナル作品 Vol.3  『墜落 - Falling down - 』 | トップページ | 8/23 Takahiro Ueno »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/36284985

この記事へのトラックバック一覧です: 8/21 僕の作品が電子書籍になった?:

« オリジナル作品 Vol.3  『墜落 - Falling down - 』 | トップページ | 8/23 Takahiro Ueno »