« 7/24 i pad でアナタも痩せる!6つの方法 | トップページ | 7/28 デジタル教科書教材協議会設立シンポジウム メモ »

2010年7月25日 (日)

BookレビューVol32 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」

女たちは二度遊ぶ

女たちは二度遊ぶ

価格:500円(税込、送料別)

BeeTVドラマの原作。
キャッチフレーズは「愛されるより、忘れられない女になる」。

僕はauだからBeeTVは観れないけれど、もしdocomoユーザだったら、このドラマのためだけに会員になるかも。主題歌が安室奈美恵というのもいいなぁ。

小説は、
「どしゃぶりの女」
「自己破産の女」
「平日公休の女」
などのタイトルの短編集。

吉田修一の書く話は全然救いがなくて、それが好きなのだけれど、最終話の
「最初の妻」
は、とても和やかな話。

---本文のひとつまみ---

 本当になんにもしない女だった。炊事、洗濯はおろか、こちらが注意しないと、3日も風呂に入らないほどだった。
 女は名前をユカといった。尋ねる日によって、「結ぶに花と書いてユカ」だとか、「理由の由に、香るって書くのよ」などと言った。疲れているときは、彼女がどう言おうと放っておいたのだが、たまに気分のいい日など、「で、どれが本当なんだよ?」と訊くと、「カタカナでユカが本当」と答える日と、「ひらがなでゆか」と答える日があって、統計的に「カタカナのユカ」と答えたときは、彼女の機嫌が悪い日だった。(P9)

|

« 7/24 i pad でアナタも痩せる!6つの方法 | トップページ | 7/28 デジタル教科書教材協議会設立シンポジウム メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/35891338

この記事へのトラックバック一覧です: BookレビューVol32 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」:

« 7/24 i pad でアナタも痩せる!6つの方法 | トップページ | 7/28 デジタル教科書教材協議会設立シンポジウム メモ »