« 7/29 これなら購読者が増える!新聞業界への3つの提言 | トップページ | 7/29 ベスト記事セレクション(愉快編) 2010年上半期 »

2010年7月29日 (木)

「爆笑問題ニッポンの教養 30秒で名曲つくります 東京大学 嵯峨山茂樹(計数工学)」(7/27放送)

番組ホームページ

http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/20100727.html

 

音楽を数学的に分析して、メロディを弾くとオーケストラの伴奏が流れてくるピアノが紹介されていた。伴奏に合わせてピアノを弾くのではない。

いくつかの音符を続けて弾くと、コンピュータが楽譜の位置を特定して、伴奏を流してくれる。当然、テンポもピアノに合わせるし、弾くのをとめると、伴奏もフェルマータになる。

 

もう一つ紹介されていたのが、歌詞を入力すると、自動的に作曲してくれるプログラム「オルフェウス」。これはオンラインで公開されている(7/29現在)ので、試していただきたい。

オルフェウス:http://itm.hil.t.u-tokyo.ac.jp/automatic-composition/welcome.cgi

 

これの凄いところは、歌詞から日本語の自然なイントネーションを分析して、作曲するところ。日本語は、実は「高い音」と「低い音」からなる。これを作曲に利用しているのだ。

|

« 7/29 これなら購読者が増える!新聞業界への3つの提言 | トップページ | 7/29 ベスト記事セレクション(愉快編) 2010年上半期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/35946767

この記事へのトラックバック一覧です: 「爆笑問題ニッポンの教養 30秒で名曲つくります 東京大学 嵯峨山茂樹(計数工学)」(7/27放送):

« 7/29 これなら購読者が増える!新聞業界への3つの提言 | トップページ | 7/29 ベスト記事セレクション(愉快編) 2010年上半期 »