« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月 1日 (木)

4/1 外国人の名前についても考える

2ヶ国語以上の西洋言語を勉強した人ならご存知だと思う。

 

聖書に登場する天使で、ミカエルというのがいる。イタリア人のミケーレ(Michele)はミカエルが語源である。これがフランスになるとミシェル(Michel)になる。アメリカ人だとマイケル(Michael)になる。

ちなみにミケランジェロ(Michelangelo)はMichel+Angeloで、「天使ミカエル」という意味。英語で言うと「マイケル・エンジェル」である。

他にもステファノ(Stefano)とスティーブ(Steave)とか、ジョージ(George)とゲオルグとヨルグとか、たぶん一緒。国によって発音が違って、それに伴って綴りも変化する。

 

もうひとつ。

古代ローマのJulius Caesarという人がいる。ラテン語読みでユリウス・カエサル。英語読みでジュリアス・シーザー。イタリア語では語尾が変化して、ジュリオ・チェーザレという。

このCaesarは古代ローマ帝国の基礎を作った人物である。東ローマ帝国(ビザンツ帝国)で「皇帝」を意味する「ツァーリ」は、この「Caesar」の変化したもの。さらにロシアの皇帝を意味する「カイザー」もやはり「Caesar」が由来。

名前自体が世界共通の「皇帝」という意味になった、すごい人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/1 外国人の名前について考える その2

スティーブンソンとか、アンダーソンとか、ジャクソンとか、ダヴィッドソンとか。

「ソン」とは「son」で、つまり「息子」ということ。

「ジョージ」という男の子がいて、特にファミリーネームは無い。でも他のジョージと区別するために「スティーブんところの息子のジョージ」と言っていたら、「ジョージ・スティーブンソン」が板についてきて、そのままファミリーネームになってしまったというパターン。

マイケル・ジャクソンも「ジャックの息子のマイケル」になる。

 

それに対して日本の苗字というのは、「場所」から作られたものが多い。山に住んでる「山田」さんとか、川の上流に住んでる「川上さん」とか、林を持ってる「林さん」とか、林さんほど林を持っていない「小林さん」とか、村の西に住んでる「西村さん」とか、なんとなく東に住んでる「東さん」とか、町に住んでるのか村に住んでるのかわからない「町村さん」とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/1 外国人の名前について考える その3

「GUCCHI」というブランドがある。創業者はグッチオ・グッチ(Gucchio Gucchi)という。

実は「Gucchi」とは「Gucchio」の複数形。子供にグッチオという名前をよく付ける一家があって、グッチオばかりいるから、「もうあの一家はグッチオだらけだ」ということで複数形がファミリーネームになったパターン。

これはたぶん、英語でも同様で、ノラ・ジョーンズは「ジョーン」の複数形だろうし、ジュリア・ロバーツは「ロバート」の複数形。

 

日本には、こういったことがない。そもそも、日本語には複数形がない。その代わり、「数える言葉」というのがある。

一枚、一本、一冊、一個、一頭、一匹、一膳、などなど。こういった考え方は外国人にはほとんど理解不能で、とても使いこなせない。

逆に日本人が理解できないのは「人称」だと思う。

「be」という言葉が、「誰なのか」によって、「am」「are」 「is」と変化する。これが感覚的にすんなり納得できる日本人は、たぶんいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

4/2 日本語について考える その3

「数える言葉」について。

実は、たぶん日本人も理解していない。非常に感覚的なもので、論理的に説明ができないと思う。

例えば「箸が1本」というと棒が1つである。「箸が1膳」というと棒は2つになる。では、「膳」とは「ペア(a pair of)」と言う意味か。いやいや、「ご飯が1膳」というと茶碗2つではなくて1つである。「えっと、食べるときに関わるものを数えるときにね…」なんて説明をしようとすると、「味噌汁を1膳」とは言わない。「焼き魚を1膳」とも言わない。これを外国人に説明できるだろうか。

「ホームラン1本」なんて言う。「ホームラン1発」とも言う。「本」とは長いものを数える言葉で、「ホームラン1本」というときは心理的に「ホームランを打ったあとの球の飛んで行く軌道のイメージ」を数えている。それに対して「打った威力」を数えるときは「ホームラン1発」である。けれど、大砲の球は1発とは数えるけれど、1本とは数えない。外国人に「なんで?」と聞かれたら、どう答えたらいいだろうか。

「箱」がある。1箱、2箱と数える。その箱がダンボールで、つぶして平らにしても「1箱」だろうか。それとも「1枚」だろうか。逆にCDがケース=箱に入っていて、箱ごと数えるときも「CD1枚」という。それはなぜか。実は数えているのは中に入っているCDで、ケースは数えていないのだろうか。だとすると、2枚組みのCDケース1つは、1枚だろうか、2枚だろうか。

「紙」は1枚、2枚、と数える。それが10枚くらいになってまとまった冊子になると、1部、2部という。その冊子を構成する紙がもっと増えると、1冊、2冊という。なぜか。どこで変わるのか。

リンゴが1個ある。半分に切る。半分に切ったリンゴは2個か。それともまだ1個か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/2 月について。

「Moon」ではなくて「Month」。英語だとちょっとわかりづらいので、イタリア語で。

9月はセッテンブレ:Settembre(英語でSeptember)で、Setteとはイタリア語の7である。

10月はオットブレ:Ottobre(October)で、Ottoは8である。

11月はノヴェンブレ:Novembre(November)で、Noveは9。

12月はデチェンブレ:Decembre(December)で、Dieciは10。

つまり、「2」ずれている。

これは、7月と8月に、余計なものが入ったため。

7月はルッリォ:Luglio(July)で、元々はジュリオ、つまり古代ローマのジュリオ・チェーザレ(=ジュリアス・シーザー or ユリウス・カエサル)のこと。

8月はアウグスト:Augusto(August)で、初代ローマ皇帝にしてカエサルの息子、アウグストゥスのこと。

ちなみに1~6月は神に由来した名前が付いていて、そこにカエサルとアウグストゥスが加えられた、つまり神格化されたことによって、「2」のズレが生じてしまった。

なんか、やり方が強引だと思うけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

4/4 日本語について考える その4

「いち」「に」「さん」「し」「ご」というのは、日本語ではなくて、中国伝来の数え方。

日本語では、「ひ」「ふ」「み」「よ」「いつ」と数える。

ちなみに、「なな」は日本語だが(中国伝来は「しち」)、中国伝来の数え方に組み込まれて、「ろく」「なな」「はち」と数える。(たぶん、「いち」と「しち」が区別しにくいから)

 

人類は10進法という数え方を採用している。1ケタは「9」までで、次は2ケタになる。これは、人間の指が両手で10本あることが関係していると考えられる。指で数えるとき、「10」で区切らないと、次が数えられない。

一方、コンピュータは数えるときに、「0」と「1」の2つの指しかない(コンピュータのあらゆる機能は計算で行われている)。指は2つしかないが、腕が8本ある(8ビットという)。それで、16進法を採用している。「9」の次は「10」ではなく、さらに「A(=10)」「B(=11)」「C(=12)」「D(=13)」「E(=14)」~「F(=15)」がある。「F」の次がやっと、2ケタの「10」になる。

 

話を元に戻すと、日本語の数え方をみると、奇妙なことに気づく。

「ひ(1)」と「ふ(2)」は「ハ行」。

「み(3)」と「む(6)」は「マ行」。

「よ(4)」と「や(8)」は「ヤ行」。

つまり、倍数の概念が、言葉に数え方に反映されている。たぶん、10進法ではない、もっと違った概念が基礎にある気がする。古来、日本人は指で数えなかったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/4 エンタメジャーナルが終わった

土曜日にやっていたエンタメ・ジャーナルという番組が、先週終わった。半年しか続かなかったらしい。面白くて毎週見ていたから、残念。

前半は、普通の週末情報バラエティだけれど、後半の特集がめちゃくちゃ面白かった。「スカート男子」とか、他の番組ではやらないと思う。

まぁ、ちょっと「たけしのニッポンのミカタ」とかぶっているし、出演者的に負けているから仕方がないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/4 ガス給湯器交換

お風呂サウナで遊びすぎて、給湯器がイカれてしまったらしい(参照:http://essere.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/318-b67f.html)。

お湯が、ぬるま湯しか出てこなくなってしまった。

お風呂サウナで遊んでいたことは秘密のまま、ガスの修理を依頼する。なんと、交換しなければならないという。

1時間ほどかけて交換してもらった結果、温度がデジタル設定できるタイプに進化した。今までは、ダイヤルをひねるアナログタイプで温度もよくわからなかった。賃貸なので交換は無料。

つまり、結果オーライである。

 

余談として、サウナ化しまくった3月のガス料金が1万円を超えていて、お嫁様から怒られた。そうか、あれくらいガスを無駄に使うと1万円超えるのか…と感慨深かった。

これからは週に2回くらいにしよう(懲りてない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

4/7 土佐日記

『日本辺境論』という本を読んで、「ああ、そういうことだったのか」と納得したこと。

 

土佐日記というのがある。紀貫之(きのつらゆき)という人が書いている。男である。

当時、男は漢字=「ますらをぶり」、女はひらがな=「たをやめぶり」で文章を書いていた。また、当時も日記というのがあったが、男が書くものだったので、漢語で書かれていた。

 

土佐日記は、「男がするという日記というものを、私も書いてみようと思う」という文章で始まる。つまり、「私」というのは女である。だから、土佐日記は(日本史上初めて)ひらがなで書かれている日記である。しかし、紀貫之は男だから、「女のふり」をしているわけである。

けれどそもそも、日記というのは「男が書くもの」である。だから、単に「僕は今回、ひらがなで書いてみようと思う」でも良かったはずだ。

それをわざわざ、「<男の真似をして日記を書くけれど、自分は女だから、漢語でなくひらがなで書くことにした女の人>の真似をしている男」という、なんとも複雑な設定で書かれたのが『土佐日記』なのだそうだ。

1000年前の発想にしては、なかなか斬新。ミステリー小説なんか書かせたら、きっと面白いものを書いたのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

4/10 English talk is Difficult

I used English on job in a week.

It is hard to me because I had not used it for 5 yaars , after graduation from university.

so, 

一番困ったのは、「電話かけたんですけど、出なかったんですよ」と言いたかったとき。

He can't pick up telephone. はちょっと違う。なんか「とりたいけれど、とれない」という感じ。

He don't stay near telephone. は近いけれど、stayとかnearとか、そういう問題でもない気がする。

教えてもらったのは、He is out. 

ああ、なるほど。

 

あと、会話で悩むのは、Yes と No。

否定疑問で聞かれたら、絶対間違える。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/10 EXILEが天皇の前で歌った曲がCD化

「太陽の国」という曲らしい。

EXILEは嫌い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/10 日本は座っているのか、それとも寝転んでいるのか

「立ち上がれ日本」って、今は立ち上がっていない、ということだと思うけれど、なんかそういうのって失礼というか、「ちょっと待て待て」、という感じ。

ダラダラしてるのは一部の人だけで、きっとみんな、最初から立ち上がっていると思う。

 

つまり、自民党は今まで立ち上がってなかったのだ、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

4/13 「爆笑問題ニッポンの教養」のプロデューサから電話がかかってきた

2週間ほど前に、「爆笑問題のニッポンの教養」のホームページに、問い合わせメールをした。内容は、仕事の関係。

 

すると先日、番組のプロデューサから職場に電話がかかってきた。内容はここには書けないけれど、本来、無視されてもいいようなメールだったから、驚いた。(全ての問い合わせに返信できません、と書いてあったので)

プロデューサの方は、とても丁寧で、大らかな方だった。NHKっぽくないというか。「ああ、この人だから、あの番組が作れるんだな」、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

4/18 アンジェラ・アキ フリーライブ@阪急西宮ガーデンズ

Ma330019

ショッピングモールで開かれたアンジェラ・アキのフリーライブに行ってきた。

…といっても、人が多すぎて、全然見えなかったですけど。チラっと、顔が見えた程度

演奏した曲は新曲「輝く人」を含む3曲。CDで聞くとおり、上手い。CDと同じクオリティで歌える歌手って、どれくらいいるんだろう。

「手紙~拝啓15の君へ~」が好きで、カラオケでも歌う。この曲は、発売される2ヶ月くらい前にラジオで聞いて、「これ、絶対ヒットしますよ」といろんな人に予言をした。(こんなに大ヒットするとは思わなかったけれど)

新曲の「輝く人」は、その続編的な位置づけらしいけれど、なんか、狙ったらダメだよね、ああいう曲は…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MUSICレビューVol.6 surface 「Invitation No.6 + SAIKAI」

surfaceの2008年のライヴと、音楽プロデューサー「武部聡」とのコラボレーションライヴ「SAIKAI」の2枚組のDVD。

定価は7000円。この値段は、実力がなければつけられないと思う。

 

武部聡は、有名なところではテレビ番組「僕らの音楽」の音楽監督をしている人。DVDでは、この人の絶品ピアノも聞ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MUSICレビューVol.7 NIKKI 「Ella...of Thee I Swing」

ジャケットだけで買ったのだけれど、2010年カナダの冬季オリンピックで歌った天才少女ジャズシンガーだそう。
(なんか聞いたことがあるけど、よく知らない)

このCDは2007年、13歳のときのもの。
(ってことはオリンピックのときは16歳か)

めちゃくちゃ上手い。上手くて、子供っぽくない。けれど大人っぽさは出せていない。
(天才演歌少女 さくらまや のジャズ版のような感じ)
けっこう元気系のジャズで、ゆったりした曲は少ない。

驚きなのは、ライヴアルバムであること。その意味では、ちょっと信じられないクオリティ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

4/27 めんどくさいウソ

4/25(日)のいとこの結婚式のため、4/24(土)に広島へ。

急に思い立ち、高校の友人のHMGCに電話をする。

高校のOBブラスバンドの練習に行くというから、付いていく。そのまま1日だけ飛び入り参加。

HMGC氏は、やはりブラスバンドOBのOGSWR先輩と結婚したのだそう。式は来年の3/26(金)。忘れないように(というか、忘れてもいいように)書いておこう。

練習終了後は、HMGCとOGSWR先輩と3人でガストへ。OGSWR先輩はかなりハッキリした顔立ちをした人で、まあ、ベッキーを思い浮かべていただければ、大体そんな感じである。

「実は、クォーターハーフなんよ」

「え!?あぁ!そうなんですか!どうりで外国人っぽいと思っていました!」

「どこの国だと思う?」

「カナダですか?」

「ううん。」

「フランス?イギリス?オランダ?」

「ううん。でもヨーロッパ。」

「ドイツ?」

「当たり!」

「あぁ、なるほど!なんというか、ノドに刺さっていた魚の小骨が取れた感じです。絶対、日本人の顔じゃないですもんね」

「ウソじゃけどね」

「え?」

「ウソ」

「え?ドイツが?」

「ってゆーか、クォーターハーフじゃないし」

「え?じゃあ、あのクイズは?」

「ハハハ」

…という、めんどくさいクイズを伴うウソをつかれた上、一度取れた魚の小骨が、また刺さったという話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/27 いとこの結婚式

4/25(日)に、いとこの結婚式があった。

僕が結婚式をしたのが約1年前で、親戚の人々から「1年前を思い出すじゃろ」と何度も言われたけれど、正直、あまり覚えていない。

ちなみに、いわゆる結婚記念日も完全に忘れていて、親戚から宅急便の不在通知が届いて、2日後に受け取ったら花束がでてきた、なんだろう一体、と思ったら、昨日が結婚した日だった、という感じ。

最近は、お嫁様の誕生日どころか、自分の誕生日もすっかり忘れていて、それどころか自分の年齢もよくわからなくなっている。

よく申込書なんかに25歳って書いているけれど、どうもいつの間にか26歳になっていて、もうすぐ27歳らしい。いっそのこと30歳と書けば、あと3年はそのままいけるな、と思っている。

 

自分の結婚式でよく覚えているのは、せっかく料理があるのに食べれなかったことで、今回はたくさん食べれて嬉しかった。

帰り際に、式場のスタッフのオバサンから、

「またよろしくお願いしますね」

「え?またってなんですか?」

「だから、あなたの結婚式のときも、ぜひウチにおいでね」

「いや、僕はもうしちゃったんですよ。1年前に」

「あら、そう、残念。キミ、かわいいのに」

「え?…」

という実話を、エピローグとして載せておこう。(このオバサンからは、式中も2回くらい話しかけられた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

4/28 伊藤真氏と名刺交換

伊藤塾ホームページ

http://www.itojuku.co.jp/

伊藤塾の塾長、伊藤真氏と名刺交換をした。

感想は、「背が高い」。Wikipediaでは、187cmと書いてある(こんな情報、誰が書いたのだろう?)。

 

名刺交換だけで、ほとんど話はしていないので、他におもしろい話はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

MUSICレビューVol.8 SURFACE 「Last Attraction」

SURFACEの解散記念ベストアルバム。

ユニバーサルミュージック所属時代の全シングルがDISC1。

ソニーミュージック所属時代の全シングル+新曲4曲がDISC2。

最後の「CHANGE」は名曲。

☆★☆★「CHANGE」☆★☆★

不満だらけの日常

ダンボールに詰め込んでさ

クローゼットの奥にしまっとこう

ガムテープで塞いでさ

ネバギバップなんてちょっと

勢い増していこうよ

ここからじゃん

そうこれからじゃん

@いう間の人生です

存分に足掻きましょう

「結果が全て」だとしたらさ

言い返すより結果を出せ!

☆★☆★☆★☆★

今の時点でAmazonのCDランキング27位。

オリコンのアルバムデイリーランキング4位。

けっこう買っている人がいるのだ。

 

解散ライブは6/13(日)@東京。誰か一緒に行きたい人いませんか?(東京までの交通費とチケット代くらい出しますよ)

※参考※

youtube 「なにしてんの from - Invitation No.6 -」

http://www.youtube.com/watch?v=sLkES50Gowk&feature=related

 

youtube 「空っぽの気持ち from -SAIKAI -」

http://www.youtube.com/watch?v=cT1NcwS1DCE&feature=related

 

気に入った人は、ライブDVDを買いましょう。

 

「Invitation No.6 + SAIKAI」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BookレビューVol.17 「キンドルの衝撃」

i Padがまだ発表になっていないタイミングでの執筆なので、内容が少し物足りない感じ。

キンドルが、ダウンロードにかかる通信が無料というのは初めて知った。だから「月額いくら」というインターネットではあたりまえのランニングコストがかからない。実質的に、通信費用は書籍料金に含まれているのだとしても、ペーパーの書籍より圧倒的に安いわけで、それって確かに魅力だと思う。(ペーパーの書籍だって製本コストや輸送コストは本に含まれているのだし)

一方、ページのほとんどがアメリカ新聞業界について割かれていて(一般書籍分野についてはほとんど触れられていない)、「キンドル」ではなくて、「衝撃」がメインテーマの本。
 
アメリカ新聞業界は、1995年のインターネットの普及によって一斉にネットへとシフトしようとしたらしい。ところが、思ったほど伸びず、意外とペーパーの新聞が支持を受けて現在にいたるのだそう。また、インターネットでの新聞の購読者のほとんどが、ペーパーの新聞と合わせて購読しているらしい。

キンドルに対しては、危機感を持っている人もいるし、利用しようとしている人もいるし、「いや、やっぱり紙の新聞のほうが優れている」という人もいる。

「紙のほうが優れている」という意見って、ほとんどノスタルジーだと、僕は思うのだけれど。(もちろん、ノスタルジーに応えられる、というのも価値の一つで否定はしない)

今までは機能的に紙に勝てなかったけれど、技術的にどんどんクリアされている。そのうち、「紙の本って不便だなぁ」と思うようになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

4/30 surfaceのライブチケット先行予約とれず

ベストアルバムに解散ライブの先行予約の電話番号が封入されていた。20:00から受付開始で、ついうっかり電話が22:00になってしまった。

なんと、予約受付終了…。あとは通常分でとるしかないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »