« MUSICレビューVol.8 SURFACE 「Last Attraction」 | トップページ | 4/30 surfaceのライブチケット先行予約とれず »

2010年4月29日 (木)

BookレビューVol.17 「キンドルの衝撃」

i Padがまだ発表になっていないタイミングでの執筆なので、内容が少し物足りない感じ。

キンドルが、ダウンロードにかかる通信が無料というのは初めて知った。だから「月額いくら」というインターネットではあたりまえのランニングコストがかからない。実質的に、通信費用は書籍料金に含まれているのだとしても、ペーパーの書籍より圧倒的に安いわけで、それって確かに魅力だと思う。(ペーパーの書籍だって製本コストや輸送コストは本に含まれているのだし)

一方、ページのほとんどがアメリカ新聞業界について割かれていて(一般書籍分野についてはほとんど触れられていない)、「キンドル」ではなくて、「衝撃」がメインテーマの本。
 
アメリカ新聞業界は、1995年のインターネットの普及によって一斉にネットへとシフトしようとしたらしい。ところが、思ったほど伸びず、意外とペーパーの新聞が支持を受けて現在にいたるのだそう。また、インターネットでの新聞の購読者のほとんどが、ペーパーの新聞と合わせて購読しているらしい。

キンドルに対しては、危機感を持っている人もいるし、利用しようとしている人もいるし、「いや、やっぱり紙の新聞のほうが優れている」という人もいる。

「紙のほうが優れている」という意見って、ほとんどノスタルジーだと、僕は思うのだけれど。(もちろん、ノスタルジーに応えられる、というのも価値の一つで否定はしない)

今までは機能的に紙に勝てなかったけれど、技術的にどんどんクリアされている。そのうち、「紙の本って不便だなぁ」と思うようになるだろう。

|

« MUSICレビューVol.8 SURFACE 「Last Attraction」 | トップページ | 4/30 surfaceのライブチケット先行予約とれず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/34444211

この記事へのトラックバック一覧です: BookレビューVol.17 「キンドルの衝撃」:

« MUSICレビューVol.8 SURFACE 「Last Attraction」 | トップページ | 4/30 surfaceのライブチケット先行予約とれず »