« 4/2 日本語について考える その3 | トップページ | 4/4 日本語について考える その4 »

2010年4月 2日 (金)

4/2 月について。

「Moon」ではなくて「Month」。英語だとちょっとわかりづらいので、イタリア語で。

9月はセッテンブレ:Settembre(英語でSeptember)で、Setteとはイタリア語の7である。

10月はオットブレ:Ottobre(October)で、Ottoは8である。

11月はノヴェンブレ:Novembre(November)で、Noveは9。

12月はデチェンブレ:Decembre(December)で、Dieciは10。

つまり、「2」ずれている。

これは、7月と8月に、余計なものが入ったため。

7月はルッリォ:Luglio(July)で、元々はジュリオ、つまり古代ローマのジュリオ・チェーザレ(=ジュリアス・シーザー or ユリウス・カエサル)のこと。

8月はアウグスト:Augusto(August)で、初代ローマ皇帝にしてカエサルの息子、アウグストゥスのこと。

ちなみに1~6月は神に由来した名前が付いていて、そこにカエサルとアウグストゥスが加えられた、つまり神格化されたことによって、「2」のズレが生じてしまった。

なんか、やり方が強引だと思うけれど。

|

« 4/2 日本語について考える その3 | トップページ | 4/4 日本語について考える その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/34037663

この記事へのトラックバック一覧です: 4/2 月について。:

« 4/2 日本語について考える その3 | トップページ | 4/4 日本語について考える その4 »