« 2/20 新型パソコン考案 | トップページ | 2/21 BassGangのDVD届く »

2010年2月20日 (土)

2/20 みんなの意見を代表しているつもりの人

「これは、私だけじゃなくて、みんなが思っていることなんですけど…」というやつである。

 

ひとつには、責任回避だと思う。「この発言の責任は、私だけに帰属しない」という自己防衛のアピールだ。しかし残念ながら、言っているのはあなただから、あなたの責任である。

次に、主張の強化がある。自分だけの発言では弱い。なので、他の人も巻き込んで、強化しようという考えだ。これは、ある程度は有効かもしれない。しかし、巻き込まれたほうは迷惑している可能性があるので気をつけたい。

3つめに、純粋に勘違いしている場合。「私はこう思うんだけど…」と他の人に話して、その人が「うんうん」と相槌をうった、もしくは単に反論しなかっただけなのに、「やっぱり、私の考えが正しいのだ」「みんな、私と同じ考えなんだ」と思い込んでいる場合である。まるで裸の王様というか、可哀想な人である。

 

実は、以上は全てマスコミに当てはまる。「世論調査では…」とか、「国民の声が…」というやつである。

例えば朝青龍の事件のときは、「引退すべき」という意見の国民が90%くらいいたらしい。そんなバカな話があるわけない。おそらく、実態は以下のような感じのはずだ。

 

「興味がない」30%

「どうでもいい」20%

「その事件をよく知らない」20%

「今、それどころじゃないんで」15%

「おたくら、もっと報道すべきことあるでしょう?」14%

「その他(引退すべきor引退しないべきを含む)」1%

 

この1%を取り上げて「国民の意見」として「引退すべき」と大騒ぎをしたわけである。あげく、引退するとなると「突然の引退」とまた大騒ぎをしていた。そりゃあ、引退するだろう。だって、朝青龍は別に相撲をやめたって別に生活には困らないのだから。

むしろ困るのは、朝青龍で視聴率を取っていたあなたたちでは?と言いたい。

|

« 2/20 新型パソコン考案 | トップページ | 2/21 BassGangのDVD届く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/33462421

この記事へのトラックバック一覧です: 2/20 みんなの意見を代表しているつもりの人:

« 2/20 新型パソコン考案 | トップページ | 2/21 BassGangのDVD届く »