« BOOKレビュー Vol.12 「ルポ 貧困大国アメリカ」 | トップページ | 2/14 4/6に大阪でJAMIME CULLUMライブツアーがある。 »

2010年2月14日 (日)

2/14 神とは何か その3

まだ続けるのか、この話題。

 

「神はサイコロを振らない」というアインシュタインの言葉がある。これは「その2」で書いたことを否定する内容で、「宇宙は合理性を持っており、不確定な要素はない」、という考え方だ。これを突き詰めると、「この世を支配している合理性」が全て解明されれば、「現在から宇宙が生まれた瞬間まで、計算してさかのぼることができる」し、「現在から宇宙の消滅まで、計算して予測できる」ということになる。

アインシュタインの考えだと、あなたが今このブログを読んでいることも、宇宙が生まれた瞬間に決定されていることになる。つまり、この世に「偶然(またはラッキー)」は存在せず、その代わり「運命」は存在する、ということ。

僕はどちらかというと、「ラッキー派」に一票入れたい。自分の選択が、実は宇宙のはじめから既に決定されていたことである、とは信じたくない。

きっと、神はサイコロは振るが、選択はしない。

そして、お嫁様は休みの日以外は、洗濯はしない。だから今日は僕が洗濯した。この洗濯が、実は宇宙のはじめから既に決定されたことである、とは信じたくない。

(これが書きたかっただけだったりして)。

 

|

« BOOKレビュー Vol.12 「ルポ 貧困大国アメリカ」 | トップページ | 2/14 4/6に大阪でJAMIME CULLUMライブツアーがある。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/33375462

この記事へのトラックバック一覧です: 2/14 神とは何か その3:

« BOOKレビュー Vol.12 「ルポ 貧困大国アメリカ」 | トップページ | 2/14 4/6に大阪でJAMIME CULLUMライブツアーがある。 »