« 「爆笑問題ニッポンの教養」(1/6放送) ゲスト:浦沢直樹 | トップページ | 1/8 就渇時代 »

2010年1月 8日 (金)

1/8 三頭政治

藤井財務大臣が辞任して、菅直人氏が財務大臣になった。米国の新聞「ウォールストリートジャーナル」のトップ記事になっていた。アメリカにとっても、それくらいインパクトのある出来事なのだろう。(1/9訂正:この新聞はアジア版でした)

僕は菅氏は次の(鳩山総理が献金問題で辞任した後の)総理大臣だと思っていたから、ビックリした。菅氏は、なんか、大臣になるのが嫌そうに見えた。

とにかく、これで鳩山氏が総理として政府をまとめ、小沢氏が幹事長として与党をまとめ、菅氏が国家予算を作ることになる。

ところで、「この3人」を見ると、古代ローマの「三頭政治」を思い出す。

「クラッスス」、「ポンペイウス」、そして「カエサル(シーザー)」の三人である。

この三人が、古代ローマを共和制から独裁体制、帝政へと導いた。今から2000年以上前の話だ。

「クラッスス」は金持ちだが、政治も戦争も得意ではない。なんとなく鳩山氏のイメージである。

「ポンペイウス」は無骨な軍人で、小沢氏のイメージだ。

「カエサル」は、金はない(国家予算並みの借金があったらしい)が、弁舌に長けて、戦績も多くあり、決断力があり、部下を率いるカリスマ性があり、なにより女にモテた。

残念ながら、菅氏のイメージとはかけ離れている。

むしろ小泉元総理が、カエサルのイメージにピッタリである。

だから、小泉氏は自民党を離党して民主党に入り、また総理をしたらどうだろうか。

そして、、また郵政民営化をするのだ。

なんのこっちゃ。

|

« 「爆笑問題ニッポンの教養」(1/6放送) ゲスト:浦沢直樹 | トップページ | 1/8 就渇時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/32901410

この記事へのトラックバック一覧です: 1/8 三頭政治:

« 「爆笑問題ニッポンの教養」(1/6放送) ゲスト:浦沢直樹 | トップページ | 1/8 就渇時代 »