« カンブリア宮殿(1/4放送) 「小沢一郎」  | トップページ | 1/8 三頭政治 »

2010年1月 8日 (金)

「爆笑問題ニッポンの教養」(1/6放送) ゲスト:浦沢直樹

番組ホームページ

http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/20100105.html

個人的には、今、日本で一番おもしろい番組だと思う。

これが週に1回見れるだけで、NHK受信料の元が充分にとれる。

NHKのもうひとつのおすすめは「サイエンスZERO」です。

今回のゲストは漫画家「浦沢直樹」。

「20世紀少年」の原作者だ。

僕は「Monster」だけ読んだことがある。

まず、最初に思ったことは、

「眼がヤバイ」。ちょっとイッちゃった感じだ。

そして、よくしゃべる。

漫画はとても「静かな絵」だから、もっとウツウツとした人だと思っていた。

本当によくしゃべる人だった。

昨年の秋に「プロフェッショナル仕事の流儀(http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090915/index.html)」に出ていた「スラムダンク」の井上雄彦とは全く正反対の印象を受けた。

井上雄彦は、武士(または修行僧)だった。

|

« カンブリア宮殿(1/4放送) 「小沢一郎」  | トップページ | 1/8 三頭政治 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315651/32901234

この記事へのトラックバック一覧です: 「爆笑問題ニッポンの教養」(1/6放送) ゲスト:浦沢直樹:

« カンブリア宮殿(1/4放送) 「小沢一郎」  | トップページ | 1/8 三頭政治 »